国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊ポスト 2005年10月7日号
ビジネスマン、留学生の肩書きで産業スパイ活動が横行!
中国・亡命工作員が暴露
「日本で暗躍する1000人のスパイ」


陳用林 中国が今、その言動に最も神経をとがらせている人物がオーストラリアにいる。元外交官の陳用林氏。外交官は表向きで、実は中国の「スパイ活動」に従事していたことを自ら暴露し、同国に亡命を求めている。本誌は日本メディアとして初めて陳氏を独占インタビューした。

麻酔薬で眠らせ、漁船に拉致

在シドニー中国総領事館の一等書記官だった陳用林氏(37)は今年5月下旬、総領事館を脱出し、妻子とともに政治亡命を求めた。現在は、オーストラリア政府から一家3人の永住を認める保護ビザが発行され、シドニー市内で暮らしている。それでもまだ自由の身になったとはいえない。

「今も中国の監視下に置かれているので、かなり注意深く暮らしています。電話はすべて盗聴されていて、自宅の外では家族がビデオを撮られたりする。私がレストランに行く時に中国当局のスパイが後をつけていることも知っています。今、私は『中国共産党からの脱却を支援するネットワーク』を主催しており、もし中国に戻れば処刑されることは間違いない。今も中国共産党に命を狙われている。保護ビザをもらってはいるものの、オーストラリア政府の中にも中国のスパイがいることを知っているので、裏切られるのではないかと心配しています」(陳氏)

陳氏は上海近郊生まれ。大学時代は国際政治学を専攻した。89年の天安門事件の時は大学在学中で、米NBC放送の取材クルーの通訳を務めた。陳氏はその時から中国共産党のあり方に疑問を持っていたが、大学卒業後、91年に外務省に入省すると、徹底的な“再教育”を受け、共産党思想を埋め込まれたという。その後、北京、フィジーでの勤務を経て、01年からシドニー中国総領事館に勤務した。今年6月4日に、シドニーで天安門事件16周年に抗議するイベントに現われて、自身の仕事が中国当局の「工作員」だったという衝撃的な発言をして世界を驚かせた。

「私の仕事はオーストラリア国内にいる反政府分子を探して、中国政府に知らせることでした。中でも気功集団『法輪功』(※)の信者を監視することが最重要任務でした。法輪功はカルト教団だとして、中国政府が入信することを禁じています。例えば、シドニーの公会堂で彼らの集会がある時は、市議会に圧力をかけて中止させる。さらに信者がパスポート更新を求めて領事館にやってきた時には、パスポートを没収する。協力的でない法輪功の信者は拉致して、『610オフィス』に引き渡していた。この組織は中央委員会の常設機関で、法輪功を弾圧するためだけに作られたものです」(陳氏)

陳氏はシドニーに赴任して以降、中国当局の指示の下で、そうした工作活動に従事した。その拉致の手口はスパイ映画さながらのものだった。






英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金