GAFAの拝金主義が分断を煽る。このまま放置してはいけない / スコット・ギャロウェイ(『the four GAFA』)



GAFAの拝金主義が分断を煽る。このまま放置してはいけない / スコット・ギャロウェイ(『the four GAFA』)


Google, Apple, facebook, amazon――。これらは、その頭文字を取ってGAFA(ガーフア)と呼ばれるIT業界の4強だ。過去20年間にわたり、知りたいことが一瞬でわかる検索や、SNSによる人々の新たなつながり方、豊富な商品群を持ったeコマースなど、我々の世界に技術の進歩と豊かさをもたらした。GAFAが生んだ富の額は、約2兆3000億ドルにも及ぶ。

 

 しかしGAFAを「ヨハネの黙示録の四騎士」(地上の4分の1を支配し、剣、飢饉、悪疫、獣によって地上の人間を殺す権威を与えられた者たち)に例える人物がいる。『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(東洋経済新報社)を記した、ニューヨーク大学スターン経営大学院のスコット・ギャロウェイ教授(55)だ。同書は世界22カ国で刊行され、2018年に日本で出版されると12万部のベストセラーとなり、まだ読者の裾野を広げている。

 

 ブランド戦略とデジタルマーケティングを教えるギャロウェイ氏がGAFAの功罪と、GAFA後の世界を語った。/取材協力・写真 大野和基


>文藝春秋デジタル

3回の閲覧