国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊文春 1995年1月5日号
CIAの存在を揺るがす
史上最大の二重スパイ A.エイムズの告白


CIAもFBIも、「史上最大の二重スパイ」エイムズが怪しいと気づいていたという。それがなぜ9年間も表沙汰にならなかったのか。その大きな原因は、CIAの“身内”に対する甘さにあった。つまりCIAはエイムズ以上にお粗末な存在だったというのである。


1994年2月、FBIによって摘発されたCIA史上最大のスパイ事件は、その後の調査の進展に従い、単なる「二重スパイ狩り」に留まらず、CIAの存在そのものを揺るがす事態を巻き起こしつつある。CIAの元対ソ防諜部長オルドリッチ・エイムズは、なぜ9年間にもわたり、発覚することなくKGB(現SVR)に情報を流し続けることができたのか?その大きな原因が、CIA内部の馴れ合い、及びCIAとFBIの確執にあったことが、次第に明らかになってきたからだ。

上下両院の情報監視委員会の要請によって、CIAによるエイムズ事件の調査報告書が提出されたのは、9月下旬。450ページにもなる報告書は、エイムズ自身への事情聴取、関係者300人以上へのインタビュー、4万5千ページにのぼる証拠文書に基づき作成された。筆者の入手した、このCIA報告書を基とした上下両院の工イムズ事件報告書、FBIの捜査令状なとによると、エイムズがKGBに流した情報による被害は、ハッキリしているものだけでもかなりにのぼる。

例えば、CIAのソ連国内における情報源10人が殺され、他に逮捕者も出た。またエイムズ自身、100件以上のCIA、FBIの作戦を危険にさらし、国防関係から麻薬密売ルートに至る何千という機密文書をKGBに渡したことを認めている。これらの報告書によれば、エイムズが二重スパイとなったのは、驚くべきことに、自ら求めてのことだった。目的は、カネだった。

83年に前妻と離婚し、翌年メキシコのコロンビア大使館に勤めていたロザリオと再婚したことで、エイムズの財政状態は危機に瀕していた。前妻に対する慰謝料、残されたローン、再婚で増えた支出…。かさむ一方の借金に、当時エイムズは本当に破産するのではないかと思い込んだという。一方、エイムズ自身にも問題があった。彼は慢性的なアルコール依存症であり、しかもそれは既にCIA内部で報告されていたのだ。メキシコでは米大使館のレセプションでキューバ外交官と大噴嘩したり、泥酔して交通事故を起こしたこともあった。

しかし、これらはCIA内部の、仲間意識によって問題とならず、エイムズはソ連・東欧部門に配転され、世界中のソ連の情報要員に関するCIAのすべての活動・作戦にアクセスできることとなったのである。多額の借金を背負い、アルコール依存症でもあるエイムズを、CIAは最高機密を知りえる立場に置き続けたのだ。


5万ドルの報酬を要求した

報告書の中で、エイムズ自身はこう言っている。
<いま振り返ってみると、思い込み過ぎだったんですが、経済的にかなりプレッシャーを感じていたんです。ワシントンで過ごした時に買った家具などで、借金がかさんでいました。そこに離婚で、何もかもなくなってしまったんです。すでにロザリオとも暮らし始めていました。決して賛沢はしていませんでしたが、給料だけでやっていくことができなくて、逸脱したのです>






特集 スパイの世界

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金