お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書) Kindle版ジム・ロジャーズ (著), 大野 和基 (翻訳)



お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書) Kindle版

ジム・ロジャーズ (著), 大野 和基 (翻訳)


【世界同時株安も予見していた「投資の神様」が日本と世界の経済のゆくえを占う】

ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ。ソロスと設立した「クォンタム・ファンド」は、10年で2400パーセントという驚異のリターンを叩き出し、伝説となった。本書は、そんな「投資の神様」ジム・ロジャーズが、初めて日本の読者に向けて語り下ろした1冊である。


伝説の投資家の目に、日本と東アジア経済の未来はどう映るのか。じつは、本書の取材を敢行した2018年夏の時点で、ロジャーズは「日米マーケットの好景気はうわべだけ。近いうちに破綻が訪れる」と断言していた。2018年12月末に、その予言はある意味現実となった。「リーマンショック級」の株安が日米のマーケットを襲ったのだ。ロジャーズはほかにも、リーマンショック、中国の台頭、トランプ当選、北朝鮮開国に至るまで、これまで数多くの「予言」を的中させてきた。名門イエール大学、オックスフォード大学で歴史学を修めたロジャーズは、「私の投資の背骨には歴史がある」と述べる。歴史から大きな「お金の流れ」を掴むことで、数々の予測を的中させてきたというのだ。このあと、お金の流れはどう動くのか?


本書では、世界史を参照しつつ、短期・長期両方の視点から、日中韓の将来を鮮やかに論じる。日本再興への道、朝鮮半島に訪れる刺激的で劇的な未来、中国のアキレス腱……「アジアの玄関口」シンガポールから世界を見つめる投資家の慧眼に映る、驚愕の未来予測。


【目次より】

●序章 風はアジアから吹いている――ただし、その風には「強弱」がある

●第1章 大いなる可能性を秘めた日本

●第2章 朝鮮半島はこれから「世界で最も刺激的な場所」になる

●第3章 中国――世界の覇権国に最も近い国

●第4章 アジアを取り囲む大国たち――アメリカ・ロシア・インド

●第5章 大変化の波に乗り遅れるな

●第6章 未来のお金と経済の形


0回の閲覧