ブレードランナー証言録 (インターナショナル新書) 新書 – ハンプトン・ファンチャー (著), マイケル・グリーン (著), 渡辺 信一郎 (著), ポール・M・サモン



ブレードランナー証言録 (インターナショナル新書) 新書 – ハンプトン・ファンチャー (著), マイケル・グリーン (著), 渡辺 信一郎 (著), ポール・M・サモン


映画『ブレードランナー』の舞台となった2019年に緊急発売!


SF映画の概念を変えた『ブレードランナー』シリーズの製作に深く関わった、

脚本家、アニメーション監督、批評家の四人への独占インタビューを収録。

映画誕生秘話や製作裏話など、知られざるエピソードが満載。


「デッカードはレプリカントか人間か?」「フィリップ・K・ディックの原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の影響」など、疑問、定説、伝説を徹底的に追究する。


【内容】

第一章 『ブレードランナー』を生み出した俳優・脚本家 ハンプトン・ファンチャー

ブレードランナーとノワール/デッカードはレプリカントか?/ドィニ・ヴィルヌーヴは天才だ/フィリップ・K・ディックを探して/映画は原作とはまったくの別ものだetc.


第二章 続編『ブレードランナー2049』の脚本家 マイケル・グリーン

『2049』のエンディングは脚本通りだ/SFの悪党がロール・モデルになるとき/レプリカントの人間性/ブレードランナーは進化する作品だ/Kのキャラクターはライアン・ゴズリングしかいない/リドリー・スコットと『2049』etc.


第三章 短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』の監督 渡辺信一郎

『ブレードランナー』は現実に感じられた/詩から発展する映画/『2049』製作現場で目にした光景/『ブラックアウト 2022』が生まれるまで/ハリウッドの洗礼etc.


第四章 『メイキング・オブ・ブレードランナー』の著者 ポール・M・サモン

『2049』は綱渡り的な作品だ/スピンオフは素晴らしいマーケティング戦略だ/売り上げの数字は嘘っぱちだ/時代を先取りしすぎた『ブレードランナー』/ハリソン・フォードはハリウッドでも最高に知的な人物だ/バンド・デシネの影響/AIは人類にとって危険なものになりうる/グローバリゼーションへの警告etc.


解説 中条省平(フランス文学者、学習院大学文学部教授)




0回の閲覧