映画「誰がハマーショルドを殺したか」




第2代国連事務総長ダグ・ハマーショルドの死の真相と秘密組織の陰謀に迫ったドキュメンタリー映画「誰がハマーショルドを殺したか」。コメントが掲載されています。


■ 大野和基(ジャーナリスト)コメント

映画の中に出てくる“Black is white. White is black.”という発想こそがまさに諜報活動の発想で、一般社会の倫理や法律とは真逆のことをしてもそれがノーマルな諜報活動である。逆に言うとそれがノーマルであると感じることができない人は諜報部で活動することはできない。要人暗殺は諜報活動の重要なミッションであり、常套手段は事故に見せかけて殺害することだ。


>公式サイト

13回の閲覧