4刷10万部突破!「コロナ後の世界」 (文春新書)



コロナ後の世界 (文春新書) Kindle版

ジャレド・ダイアモンド (著), ポール・クルーグマン (著), リンダ・グラットン (著), マックス・テグマーク (著), スティーブン・ピンカー (著), スコット・ギャロウェイ (著), 大野 和基 (編集)


新型コロナウイルスが国境を越えて感染を拡大させる中、現代最高峰の知性6人に緊急インタビューを行い、世界と日本の行く末について問うた。


このパンデミックは人類の歴史にどんな影響を及ぼすのか?

これから我々はどんな未来に立ち向かうのか?

世界史的・文明論的な観点から、冷静かつ大胆に2020年代を予測する。


[主な内容]

・ジャレド・ダイアモンド「21世紀は中国の時代にはならない」

(カリフォルニア大学ロサンゼルス校地理学教授。著書『銃・病原菌・鉄』)


・マックス・テグマーク「AIで人類はもっとレジリエントになれる」

(マサチューセッツ工科大学教授。著書『LIFE3.0 人工知能時代に人間であるということ』)


・リンダ・グラットン「ロックダウンが日本人の新しい働き方を生んだ」

(ロンドン・ビジネススクール教授。著書『ライフシフト 100年時代の人生戦略』)


・スティーブン・ピンカー「人間の認知バイアスが感染症対策を遅らせてしまった」

(ハーバード大学心理学教授。著書『21世紀の啓蒙 理性、科学、ヒューマニズム、進歩』)


・スコット・ギャロウェイ「パンデミックでGAFAはますます強大になっていく」

(ニューヨーク大学スターン経営大学院教授。著書『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』)


・ポール・クルーグマン「経済は人工的な昏睡状態。景気回復はスウッシュ型になる」

(ノーベル経済学賞受賞者。著書『格差はつくられた 保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略』)


ーーーーー

<書評>

読売新聞 世界の碩学が蒙をひらく 橋本五郎(読売新聞特別編集委員)

「論者に共通しているのは、民主主義体制に対する強い自信である。感染症には独裁国家の方が有効に対処できるという見方を一蹴いっしゅうする。独裁主義体制では都合の悪い情報は隠蔽いんぺいし、支配者の正当性にしか関心を示さなくなるからだ。」



13回の閲覧