国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊文春 1995年3月9日号
下村努
「史上最悪のハッカー」を追いつめた日本人


下村努 今やインターネットは世界中にネットワークを持ち、電話回線だけで電子メールから国家機密情報まで網羅されている。同時に、できないはずの機密情報や個人情報にアクセスするハッカーも増える一方だ。始末の悪いことにハッカーの醍醐味を一度覚えると簡単に足を洗えなくなる。

ケビン・ミトニック(31)もその一人だった。10代の頃から病み付きになり、何回逮捕されても懲りることを知らなかった。友人は少なく、ハッキングに時間を費やしすぎて結婚が破綻したほど。MCI電話会社にアクセス、さらにクレジット・カードの番号を2万個も盗んだ。しかし盗んだ情報を売って金儲けをするわけではない。目的はただ盗むだけ。そして1992年執行猶予中に姿をくらまし「史上最悪のハッカー」になった。

そのミトニックが2月16日、逮捕された。「史上最悪のハッカー」を追いつめたのが、写真の下村努さん(30)。政府の運営するサンディェゴ・スーパーコンピューター・センターで、競争原理を専門とするシニア・リサーチャーである。

自分のハッキング能力を過信したミトニックは、コンピュータ・セキュリティに関しては右に出るものがないと言われる下村さんのコンピュータから情報を盗んだ。昨年のクリスマスのことだった。連邦政府も頼りにするほどの天才で、業界中にその能力の高さが知られている下村さんのプライドは傷ついた。

それから2ヶ月。研究そっちのけでハッカー探しに打ち込んだ下村さんは、ついにノース・カロライナ州ローリー界隈に住んでいることを突き止めた。無線電話の周波数を探知する機械をバンに乗せ、その居場所をかなりの範囲まで狭めたうえでFBIに連絡した。

下村さんの父である下村修博士(66)は、マサチューセッツ州の海洋生物学研究所で発光学の研究に専念し、母親の明美さん(58)はその助手を務める。ともに長崎県出身で長崎大学薬学部卒。修博士は1960年にはフルブライト奨学金で、プリンストン大学に2年間留学。帰国後名古屋大学で理学部の助教授を2年間やったが、結局再渡米した。下村さんが生まれたのは、渡米直前の1964年10月である。

母親の明美さんによれば、子供の時から壊したおもちゃ修理することに関心があったという。小学4年ぐらいからコンピュータを教えられたところ、「努はもうその瞬間に虜になリました」。12、3歳のときにはすでにアルパイトができるほどプログラムの能力を発揮。高校のときには父親のプリンストン大学のコンビュータ室に入ったまま、明け方まで実家に帰ってこなかったこともしょっちゅうだった。その後カリフォルニア工科大学に進み、ますますのめり込んでいった。

世界中から取材の申込みが600件も来ているという下村さんを追い続け、サンフランシスコから南に180キロのモンテレーにあるホテルで直撃インタビューを試みた。
「まだ(日本語は)なんとか読めるけれど」と英語で答えたが、日本人であるのに、決して日本語は話さない。普通のラップトップの四分の一くらいのコンピュータを膝に置きポーズをとる。無線でサンディェゴのセンターと繁がっているこの機械をいつも持ち歩く。

- あなたの本職はハッカー探し?
「今回の件で、ハッカーを捕まえるの専門のように思われているが、本職は物理学者なんです。子供のころから物理学者になりたかったので、今の自分は幸せ。人生は楽しくなければならない」

- ハッカーについてどう思うか?
「ミトニックのやったことは、ハッキングする能力ががあるからといってやるべきことではない。そういう行為は断じて許せない」

- コンビュータ犯罪を裁くのは難しい?
「常に技術が法律よりも先行するので、法律がついていけないのも深刻な問題」

果して彼が日本で教育を受けていたら、ここまでの能力が発揮できただろうか?



<コラム>
上記記事の取材裏話!
大野和基が裏の裏まで語る
「取材の裏側5 追いつめのプロを追いつめた」 前編&後編

今まで取材に至るまでに、一回の取材で車を走らせた距離がこれほど多い取材はなかった。レンタカーを最後に返したときに走行距離が出るが、4日間で何と1000マイル(1600キロ)を越えていたのである。

◆取材対象は天才日本人

その取材というのは、ケビン・ミトニックというハッカーをFBI捜査員と一緒に逮捕した日本人、下村努の取材だ。彼自身は日本人と言っても父親が科学者としてプリンストン大学に移ったときに、アメリカに住み始めたので、1歳からずっとアメリカに住んでいる。日本語ができるかどうかはわからない。ただ、父親がプリンストン大学で研究生活を始めたときに、よく息子も連れてきて、そこでコンピューターに夢中になり、ついには専門家になってしまった。アメリカ政府のコンピューター研究機関に属して、コンピューター・セキュリティの研究をしている。正真正銘のcomputer geek(おたく)だ。

一方、ケビン・ミトニックは、正確にはクラッカーと言われる悪玉のハッカーだ。ハッカーという言葉は正確に言うと、いい意味である。social engineering(直訳は「社会工学」)の技を使って、次々にハッキングをし、2万ものクレジット・カード番号を盗んでいたミトニックはついに下村務のコンピューターに侵入した。ちなみに、social engineeringというのは、例えば、本人になりきって、プロバイダーに電話をし、パスワードを聞き出すという原始的な方法も含まれる。

彼が自分で使って成功したハッキングの方法は、The Art of Deception: Controlling the Human Element of Security(邦題:「欺術?史上最強のハッカーが明かす禁断の技法」)に書かれている。そのミトニックにハッキングされた、プライドの高い下村がどれほど頭に来たか、想像するのは簡単だ。

◆世界中から取材殺到中

下村がミトニックの居場所を突き止めるときに、FBI捜査員と一緒に行動し、ノースカロライナの彼のアパートで逮捕されたニュースは全世界を駆け巡った。その逮捕劇は映画や本にもなったほどだが、事件直後の下村には当然のごとく世界中から取材が殺到した。ニューヨーク・タイムズのサンフランシスコ支局のジョン・マーコフ記者は、逮捕に密着取材するほど下村と仲がよかったので、その記事は同紙がもっとも詳細に報じていたが、下村個人については、記事内容を最小限に抑えていた。

週刊文春から取材依頼が来たときは、まずマーコフに連絡を取り、下村がどういう人物か、取材に応じそうかどうか訊いてみたが、かなり変人であることを教えられた。マーコフでさえも、予想がつかない行動に出るので、取材を申し込まない限りわからないという。いつものようにサンディエゴの彼の自宅の住所と電話番号を調べたが、留守にしていることが多いという。彼が勤める政府のコンピューター・センターに連絡すると、「彼の勤務形態はまったく自由で、どこにいてもいいから、電子メールでしかやりとりができない」という。常に6ギガバイトの携帯用ラップトップを持ち歩いているので、それで連絡はできるという。しかも、メールは無視することがなく、必ず返事がくるというからメールで取材を申し込むしかないというのだ。趣味のスキーをしたかと思えば、突然夜中にセンターに姿を現し、ずっとコンピューターに向かっていることも珍しくないという。

◆いたちごっこ

私が直接メールで取材を申し込むよりも、彼が勤めるコンピューター・センターからメールした方がすぐに返事が来るだろうと察し、「これからしばらく、あなたと連絡を取り合うので、努にメールの転送を頼む。返事が来たらすぐに私のところに転送してほしい」と伝えた。

それからが、いたちごっこになった。文字通りいたちごっこだ。ぼくが「今どこにいるのか」とメールすると、すぐに返事が転送されてきてLake Tahoeという。ぼくがすぐに「そこで待っていてくれ、今から行く。着いたらメールする」とメールする。サンフランシスコからLake Tahoeまで約320キロ。ところで、取材の申し込みはいくつくらい来ているのか、と訊くと600くらいという返事がきた。もうこれは彼から取材の承諾を出すことはあり得ないと判断。他のメディアがどういう行動に出たかは知らないが、待っても無駄であることはすぐにわかる。こちらから、彼を追跡するしかない。

途中、スピード違反でつかまりながらも(ちなみにアメリカで今まで何回もスピード違反でつかまっているが、チケットを切られたことがない)、やっとLake Tahoeに着いて、「今Lake Tahoeに着いたが、どこにいる」とメールすると、「もうLake Tahoeにはいない。今はサンフランシスコの方に戻る途中だ」という。場所を教えられて、そこに着いたときにはもういないということを2日間繰り返して、ぼくはかなり頭に来ていたが、マーコフに連絡すると、「下村はつかまえると取材に応じると思う」と激励してくれる。その言葉を信じて、またいたちごっこを再開するが、「つかまえたかったら、つかまえてみろ。絶対に無理だよ」と言わんばかりに、ぼくをからかっている。ぼくはあきらめるどころか、絶対につかまえてやる、とますます燃え上がり、下村の行動を先読みして、そこで待ち伏せすればいいと思った。また、マーコフに連絡すると、「明日努がスピーチをすることになっているホテルがある。そこに行ってつかまえるのがベストだろう」と教えてくれた。

ぼくはもうこれでつかまると思ったが、それは甘かった。

<後編>

サンフランシスコから車で約2時間南のモンテレーのホテルで下村がスピーチをする情報は、そのホテルに連絡することで確実であることがわかった。ぼくと同じように彼に取材したいと思っている記者たちもたくさんきていたのか、ホテルはごった返していたが、彼のスピーチを取材することは固く禁止された。多くの警備員が配置され、そのホールに入ろうとすると力づくで止められる。スピーチが終わって、彼が出てくるであろうところに立って待っていたが、1時間経っても出てこない。おかしいと思って警備員に確認すると、もうとっくに彼は裏口から出て行ったという。またしてもやられた。

◆張り込み

ここであきらめたら、今までの努力が水泡に帰する。ぼくは、そのホテルに彼が泊まっていることを確認し、ロビーで待つことにした。一旦夜の9時頃、彼らしい人がホテルの入り口に現れたが、ぼくの姿をみるや否や、入らずに方向転換して逃げるように出て行った。そこで、ぼくは考えた。ロビーにぼくの姿がある限り、彼は絶対に入ってこない。一旦ぼくが姿を消し、彼が自分の部屋に戻って、翌朝ロビーに下りてくるところを捕まえようと思った。

ぼくはホテルのロビーを歩き回って、どこに隠れると、ぼくからはエレベーターが見えるが、エレベーターからぼくの姿が見えないか、そういう場所を探した。最終的にエレベーターからほんの数メートル離れたところに、その場所を見つけた。そこにずっと座っていてもおかしくない場所だ。まるでそこで誰かを待っているかのように見える場所。不自然に見えてはいけない。

朝まで待たなくても、夜中に出てくる可能性もあるので、少し期待しながら、ぼくはそこで待った。ほんの数メートルだから逃げても追いかけられる。まず走って逃げることはないだろう、と思った。そこで逃げたのなら、短距離はある程度自信があるぼくは、全速力で走ってつかまえる覚悟をしていた。ちょうど彼がミトニックを絶対につかまえてやると思ったときと同じような気持ちで、ぼくは下村が部屋から降りてきてエレベーターのところに姿を現すのを待った。

ついに彼は姿を現した。午前1時。ぼくはすばやく立ち上がり、彼のところにさっと近寄った。もう逃げられないだろう。下村は、まさかここでぼくにつかまるとは思っていなかっただろう。顔が引きつっていた。そして、開口一番彼は、”I was waiting for you.”と吐いた。それはぼくが言いたいせりふだよ、と握りこぶしが出そうになったが、ここで喧嘩をしたら、万事休すと思い、理性を働かせた。

◆理解不能な行動

撮影は断られるかもしれないと一瞬不安がよぎったが、「まず撮影したい」と軽く言うと、突然ポーズを取り始める。そしてカメラの方をにらむ。ぼくは彼が何を考えているのかまったくわからなくなった。単なる、典型的なナルシシストではないか。あれだけ逃げ回っておきながら、一旦つかまるとこの変貌ぶりは一体何なのか。こちらからの注文が一切なくても、自分でベストだと思う格好をしてカメラをにらむように構える。そのにらみ方は今だに脳裏にこびりついて忘れようがない。

撮影を終えて、取材に入ろうとすると、急に立ち上がって、猛スピードで歩き始める。ぼくが重いカメラをぶら下げているが見えないのだろうか。ぼくがメモを取り出そうとする間もなく、どんどん暗闇の中に向かって歩き始める。これではたとえメモを取り出してもまったく見えない。またもや、下村が何を考えているのかわからなくなった。しかし、質問をすると何でも答える。ちょっと待ってくれないか、と言っても訊く耳持たずという感じだ。両親にも取材したいので、連絡先を教えてほしいというと、あっさり教えてくれる。ニューヨーク・タイムズ紙のマーコフ記者が、彼は突然わけのわからない行動に出ると言っていたが、まさにその通りだ。自分でもなぜその行動を取っているのか、わからないのではないか、と思ってしまうほど、とっぴょうしもない行動に出る。人の気持ちはまったく考えていないのだろう。幼い頃から、父親が研究していたプリンストン大学のコンピューター室に入り浸っていたので、情操教育を一切受けなかったのではないだろうか。人の気持ちが理解できるようには見えないが、彼の仕事にはそれがまったく必要ない。

◆See You Again

取材は無事終わった。疲れ切った。これを書いている今、いろいろ思い出してくると怒りがこみ上げてくる。なぜ私がここまでの仕打ちを受けないといけないのか、どう考えても理解できない。

しかし、このスクープがきっかけで、しばらくしてテレビ局からの仕事が舞い込んできた。また下村をつかまえてほしい、というのである。調べてみると翌日ハワイでの会議に出るという。そのままニューヨークのぼくのオフィスから、午後の便でテレビ・クルーと一緒にハワイまで飛んだ。会議が行われるホテルも確認済みだったので、つかまえることは簡単だった。下村はぼくの顔を見ただけでトラウマになったのではないだろうか。ぼくの顔を見た瞬間に、顔が引きつるのがわかった。「また、おまえか」と言いたそうだった。今度こそ、もう逃げようとは思わなかったのだろう。


ワンランク上のコンテナハウス






テイクダウン―若き天才日本人学者vs超大物ハッカー〈上〉
下村 努 (著), ジョン マーコフ (著), John Markoff (原著), 近藤 純夫 (翻訳)

連邦当局の目を巧みにくぐり抜けてきた史上最悪のハッカー、ケビン・ミトニックが、とうとう決定的な誤りを犯した。コンピュータ・セキュリティの専門家、下村努のコンピュータに侵入したのだ。ここに、アメリカ全土にまたがる戦闘の火蓋が切られることになった。それはまさに、インターネットの表と裏を知り尽くした男同士の究極の闘いでもあった。本書は、すでに伝説的存在にさえなっている下村努が、自ら克明に書き綴ったノンフィクション・ミステリーである。

テイクダウン―若き天才日本人学者vs超大物ハッカー〈下〉
下村 努 (著), ジョン マーコフ (著), John Markoff (原著), 近藤 純夫 (翻訳)

コンピュータ侵入に続く一連の脅迫電話と、個人的なファイルをインターネット上で故意にばらまかれたことに憤りを覚えた下村努は、謎の侵入者の正体を明かそうと立ち上がる。自分がもつ専門知識とハイテクの武器だけが唯一の頼りだ。次第にわかってきたのは、この敵の正体が邪悪なハッカーだということだった。下村は仲間たちとともに、巧みにソフトを利用し、ついに史上最強のハッカー、ケビン・ミトニックたちのオンライン会話の傍受に成功した。


ザ・ハッカー [DVD]
スキート・ウーリッチ (出演), ラッセル・ウォン (出演), ジョー・チャペル (監督)

悪のハッカー、ケビン・ミトニックと日系セキュリティ専門家、下村努との9年にわたる戦いを描いた実録サスペンス。スキート・ウーリッチ、ラッセル・ウォンほか出演。


欺術(ぎじゅつ)―史上最強のハッカーが明かす禁断の技法
ケビン・ミトニック (著), ウィリアム・サイモン (著), 岩谷 宏 (翻訳)

史上最強のハッカーが明かす禁断の技法。
セキュリティはどのように破られ、情報はいかにして盗まれるのか。史上最強と謳われた伝説のハッカー、ケビン・ミトニックがはじめて明かす、ソーシャルエンジニアリング(欺術)の手口。推理小説よりも面白い事例とエピソードが満載。この技法を使ったら、もうだれも秘密は守れない!?