国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます。またコミュニティー機能で、塾生同士の議論・情報交換や、大野への質問なども自由にできます。

世界トップの経済学者、投資家、ノーベル賞受賞者、著名作家から、スポーツ選手、ハリウッドスター、そして元スパイまで、世界中のあらゆるフィールドで注目を集める人物へのインタビュー素材がコンテンツの核になります。

*ご登録(無料)頂ければ、当サイト掲載の過去の記事(1987年~)から最新記事まで、すべて全文お読みいただけるID&PWを付与させていただきます。また、過去のコラム「国際ジャーナリスト大野和基の取材秘録2003-2010 ~取材現場の裏側から英語論まで~(全84ページ)」をダウンロード可能です。

ただいま塾コンテンツ準備中につき、「オンライン塾特設サイト」はプレオープン中です。

>>大野和基の「超仕事塾」入り口<<

ドルがグローバルな通貨であるのと同じように、英語はグローバルな言語であり、そしてグローバル経済の入り口である。好むと好まざるとにかかわらず、それが眼前にある現実だ。、まずは英語をマスターしなければ始まらない。そこから10年後の未来が切り拓かれるのだ。 by ポール・クルーグマン

必要なのは、独立して考えることができる力です。自分が耳にすることや読むもの全てに懐疑的にならなければなりません。複数の情報源から最新の情報を入手し、自分の頭で考える。そういう癖を付けていくと、informed instinct(情報を元にした直感)を元に独立して考えることができるようになります。
by ジム・ロジャーズ

『超仕事塾 7か条』
1.真のプロフェッショナルたれ!
誰でもこなせる仕事ではなく、一筋縄ではいかない仕事をこなしていくことで人は成長する。そして、それがプロフェッショナルへの第一歩だ。
2.オールマイティーたれ!
世の中のあらゆる事象はすべてつながっている。専門分野を追求すると同時に、あらゆる分野にアンテナを張ることで、仕事の幅は広がり、また人生も豊かになる。
3.考えるだけでなく、行動せよ!
現場に行くだけで解決することは多い。じっとしていても何も解決しないのだ。常に行動することで、道は開かれる。 
4.人に会え!
どれほど盗聴技術が発達しても、諜報の世界でヒューミントの重要性は変わらない。どんな仕事でも真に必要な情報は人を通してしか得られないのだ。
5.ユーモアを大切に!
ユーモアは英語と並ぶ世界共通語だ。相手の警戒心や不安を和らげるとき、危機を切り抜けるとき、そしてま豊かな人生を送ろうとするとき、ユーモアは絶大な威力を発揮する。
6.批判精神を忘れるな!
メディアの情報には現実的に完全な中立はあり得ない。日ごろからバランス感覚を身につけるためには、さまざまな分野の本を読み、異業種の人たちと交流し、海外に出て、視野を広めることしかない。
7.雑草のごとく生きよ!
仕事でも何でも、自分の思い通りにいくことは稀だ。どんな逆境に陥っても、踏まれても踏まれても立ち上がる雑草のように生きる精神力が大事だ。
伝説の投資家 ジムロジャーズ氏 ノーベル経済学賞 ポール・クルーグマン教授 マイケル・ジャクソンの父 ジョセフ氏
元CIA ロバート・ベア夫妻 世界最速 マイケル・ボルトン氏 元CIA長官 ジェームス・ウルージー氏
ヨーロッパ最高の知性 ジャック・アタリ氏 名優 ダスティン・ホフマン氏 IQ世界一(228) マリリン・ボス・サバント氏
白熱教室 マイケル・サンデル教授 マイケル・ムーア監督 ノーベル化学賞 根岸英一教授

>>大野和基の「超仕事塾」入り口<<