国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

武器としての英語論
最終回 英語の習得について考える本

つい最近、『外国語学習の科学-第二言語習得論とは何か』(岩波新書)の著者である白井恭弘氏と食事をしながら、英語についてさまざまな面から話し合う機会があった。日本人にとって英語学習とは何か、英語をマスターするということはどういうことか、なぜ今までこういう本が出なかったのか。読むとわかるが、この本は「目からうろこ」的な内容で、他のいい加減な本とはまるで異なる。英語の学習法を論じた本のほとんどは、著者が自分の経験に基づいて書いているだけであり、しかもその当人がネイティブのレベルまで達していないから、半分詐欺である。著者自身が「私は映画の英語は聞き取れない」と開き直っているくらいだから、始末が悪い。それを読んでも所詮「早晩行き詰ります」と言っているのと同じである。一方、白井氏の著書は実際の研究に基づいているので、信用できる。

日本語の美しさをここで述べる意味がないので省略するが、英語はネイティブにとっても難しい。以前にも書いたが、その難しさに気づいていないネイティブがほとんどである。が、英語圏にいる私の知人は作家、ジャーナリスト、コラムニストがほとんどだから、その英語の難しさと日々戦っている人たちだ。英語の発音について、白井氏は著書の中で「日本人英語でいい、通じればいいといって最初から目標を下げておくと、それさえ達成できないでしょう」と言っているが、それは発音に限ったことではない。「目標を高く設定すること」は外国語をマスターしようとするときにも重要な要素で、目標は「限りなくネイティブに近づくこと」に置かないと本当の意味の上達はないと言っても過言ではないだろう。ビジネス英語の本には、直接的な表現や稚拙な表現がたくさん紹介されていることがあるが、教養あるネイティブはそういう英語は使わない。

さて、白井氏によると、コミュニケーション能力とは、言語能力(音声・単語・文法)、談話能力、社会言語能力(社会的に「適切な」言語を使う能力)を総称する言い方である。これを身につけるにはどうしたらいいかについては上記の著作を読んでいただくとして、さらに重要なことは。「言語はルールで割り切れない」ということを知識として知っておくことだという。発音に問題がなくても、日本人の英語が通じないのはなぜか。日本の学校で教えられた文法では「正しい」はずの英語が実施には通じないことがあるが、それは「ネイティブはそういう言い方をしないから」である。理屈ではなく、単に「言うか」「言わないか」だけである。

もう一冊衝撃的な本が出た。作家の木村美苗氏が書いた『日本語が亡びるとき」(筑摩書房)である。彼女は12歳のときからアメリカで育ったのに、わざわざ日本語を選んだ作家で、「なぜ自分は日本語に帰ってきてしまったのだろう」という後悔を引きずりながら生きている、という。世界中にいる知識人は二重言語者で、英語が当たり前のようにできる。日本は英語ができなくても知識人の仲間に入れるという特殊な国だが、アメリカの覇権が終わっても英語の覇権は終わらない。

ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏は、ストックホルムで日本語での講演を終えたあと報道陣にこう言い放った。

「世界の人に情報を発信するつもりなら、英語が話せなければ科学者として半人前。科学者ですから、世界中の人間とコミュニケートしないと」

これは科学者に限ったことではないだろう。いずれにせよ、この2冊を読むと、英語と日本語、はたまた言語の本質について考えさせられることは確かである。

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)

英語、韓国語、中国語など外国語を学ぶ人は多く、また日本語教育に携わる人も増えている。だが各種のメソッドや「コツ」は、果たして有効なのだろうか。言語学、心理学、認知科学などの成果を使って「外国語を身につける」という現象を解明し、ひいては効率的な外国語学習の方法を導き出す、「第二言語習得(SLA)」研究の現在を紹介する。
日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

豊かな国民文学を生み出してきた日本語が、「英語の世紀」の中で「亡びる」とはどういうことか? 日本語をめぐる認識の根底を深く揺り動かす書き下ろし問題作!

<第1回> <第2回> <第3回> <第4回> <第5回> <最終回>
>「大野和基の英語論」TOPに戻る

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金