国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

武器としての英語論
第3回 日本人の大きな勘違い

日本人が話す英語は、品がないとよく言われる。私のアメリカ人の知人たちは、「英語ができる日本人でも、表現がストレートすぎる。相手に対して失礼な表現が多い。文章が短い」と異口同音に言う。文章が短いとぶっきらぼうに聞こえ、相手に失礼になることが多い。

これは何を意味するのだろうか。日本人が英語という言語、あるいは英語圏の国民に対して勘違いしている重要なことがある。英語ではできるだけストレートにものを言わないといけない?と思い込んでいることだ。

実際は、euphemism(婉曲表現)という言葉があるように、英語には婉曲表現が多く、その使い方でその人の品格が問われることになる。アメリカは日本よりも社会階級がはっきりしているが、階級が上であればあるほど婉曲表現を使う。

具体例を挙げよう。相手に間違いを指摘するときに、"You made a mistake."と言うとあまりにもストレートで、頭ごなしに指摘された気持ちになり、相手は間違いを訂正する気もそがれてしまう。こういうときは"you"を主語にしないで、"I"を主語にして、"I found what seemed to be a mistake."と言うと、同じことを伝えるにしても、相手に気持ちの余裕を与えるだろう。

相手に反論したい場合でも、"I disagree with you."と言わないで、"I have a different opinion."と言うだけで、相手はこちらの意見に耳を傾けようとする。diagreeはきつい言葉であるから、この言葉を使うのは、これ以上論争しないで、意見の違いを認めて議論を終えるときに使う"agree to disagree"ぐらいだ。私がインタビューした際に反論したいときは、絶対に自分の意見として言わない。個人攻撃しているように聞こえるからだ。"Some people say that ..."と言うだけで、相手は冷静に答えてくれる。

さらに、親が子供に対して"Why did you do it?"と叱るのはおかしくないが、この表現を一般社会の中で使うと、まったく品がない表現になる。こういうときは"I wish you had not done that."と言えばいい。しかも婉曲表現を使った方が効果があることが多い。

アメリカ人には日本人のように上司、部下という意識がなく、みんな平等であるから、頭ごなしに聞こえる表現を使うことはまずない。間違って使うとパワーハラスメントととられかねない。断るときも否定的な表現を使わないほうがいい。例えば、パーティーに誘われてどうしてもいけない場合、あるいは行きたくない場合、"I wish that I could join you."と言って断るほうがいいのである。

誤解してはいけないのは、英語の婉曲表現は日本語の曖昧さとまったく異なり、言いたいことが明確であるということだ。あくまでも相手の感情に気を配り、表現を和らげるために使うのである。

日本語の敬語、丁寧語、謙譲語よりも英語の丁寧な表現のほうが難しいのは、日本語のほうが規則的でわかりやすいからである。これはバイリンガルのアメリカ人が指摘している。

もう一つ日本人が勘違いしていることがある。それは英語では大雑把なことしか言えないと思っていることだ。実際はその逆で英語のほうが微妙なことが言えることが多い。だから国際語として通用しているのである。村上春樹や芥川龍之介の作品を英訳している翻訳家ジェイ・ルービン氏は"English is tough."とため息をつく。もちろん言語によって細かく言える部分が異なるが、英語の難しさはネイティブさえも気づいていない人が多い。

「貧弱な語彙で、なんとか通じればいい」というレベルでは取材はできない。知性のあるネイティブと同じレベルの品格が要求されるのである。

<第1回> <第2回> <第3回> <第4回> <第5回> <最終回>
>「大野和基の英語論」TOPに戻る

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金