国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

国際ジャーナリスト大野和基の取材秘録2003-2010
   ~取材現場の裏側から英語論まで~
*本書は2003年から2010年にオフィシャルサイトおよびメルマガで配信されたコラムをまとめたものです。
★英語に関する部分を項目ごとに抜粋しました。


<英語の難しさ>

- 今年は、アメリカや日本で、いろいろなパーティに出席する機会があったが、共通語は英語だ。バイリンガルのアメリカ人にも結構会った。大人になってから日本語をマスターしたアメリカ人にも複数会ったが、読み書きもみごとにマスターしている。そういう英語がネイティブである人も、英語の方が日本語よりもはるかに複雑だという。それだけ英語は難しいことはわかったとしても、世界共通語であるという厳然たる事実は変わらない。

- イギリスの諜報部MI6でスパイ活動をしていた、リチャード・トムリンソンに南仏でこの前久しぶりに会ったときに、英語の難しさの話をしたら、ネイティブでさえもそれに気づいていない人が多い、と言っていた。彼は数ヶ国語をネイティブ言語として駆使できるが、彼にとってネイティブ言語は英語である。「英語は誰にとってもとっつきやすいから、簡単であると錯覚してしまう。しかし、ほとんどのネイティブにとっても、英語の難しさに本当の意味で気づいていない。ネイティブでない人にとっての英語の難しさの一面は、簡単な単語でも並べ方によって、かなり複雑なことが言えることであるが、ネイティブにとっての難しさは、複雑な構文で、引き締まった文を書くことだ。」

- 私の取材は99%英語による取材だが、著者インタビューでも同じことで99%英語による作家へのインタビューである。日本語で翻訳が出たばかりの作家に取材することがほとんどであるが、取材の日までに原書が間に合わず翻訳で読まざるを得ないこともある。そのときに元の英語が気になって読み進まないこともある。英語表現について言うと、よく日本人でよく勘違いしている人がいるが、ほとんどの場合英語は日本語よりもかなり微妙な表現ができる。

- ぼくの知人にはバイリンガルのアメリカ人が結構いるが、彼らが言うのは、日本語でしか言えない言葉、表現も多いが、日本語に訳したら元の英語の微妙さが消えてしまう英語の表現の方が多い、ということである。そういうほぼ完全なバイリンガルのアメリカ人と会話をするときはほとんど英語でするが、突然「この蕎麦はのど越しがいいですね」と日本語で言われるから、おもしろい。そういう人と会話をしていると表現の幅が広くなることは確かだ。日本語で言わないと通じないことは日本語で言えば済むからだ。

- 漢字は欧米人にとって一見難しいように思われるが、大人になってから日本語をマスターしたアメリカ人の友人に聞いてみると、案外そうでもない。「漢字は、意味が想像できるから、覚えるのが楽しい」とみんな異口同音に言う。英語はlifeという誰でも知っている単語1つとってもいくつもの意味があるが、例えば、日本語で「人生」というひとつの単語を言ってしまえば、「人生」以外に意味はない。英語では意味を複数かけているときも多いから、それを一つの日本語の単語に訳した瞬間にその複数の意味は消えてしまう。

- 「日本語は構文も英語のように複雑な構文はありません。あったとしても、悪文とされますから、めったにお目にかかれません」と友人のアメリカ人は言う。「しかし、英語は複雑な、立派な文章を書けるネイティブの人は少ない」

- 大学生になってからアメリカの大学で日本語を専攻してマスターしたアメリカ人を何人か知っているが、大体2年間くらいで、普通に話せるようになっている。しかも日本の新聞も普通に読んでいるし、日本語も普通に書いている。新しい表現に出会うとすぐに意味を確認し、メモしているマメさは、日本人も英語学習に応用した方がいいと思うが、それにしても英語の深さは、ネイティブも参っているほどだ。アメリカ人の著名な作家の、高度な表現について、「こんな表現、普通のアメリカ人は書けるのですか」と、そういうバイリンガルのアメリカ人に聞くと、「そういう高度な英語は、私でも書けません。書ける人は稀です。その作家だから書けるのです」という。そういうバイリンガルのアメリカ人は普段ビジネスできちんとした英語、日本語を駆使しているが、敬語、謙譲語もみごとに使いこなす。こちらの日本語の間違いを指摘されるほどだ。

<英語の重要性> <真の英語力> <英語の使い分け> <危機管理の英語>
<発音について> <翻訳の功罪> <英語教育について> <英語の難しさ>
>「大野和基の英語論」TOPに戻る

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金