国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

国際ジャーナリスト大野和基の取材秘録2003-2010
   ~取材現場の裏側から英語論まで~
*本書は2003年から2010年にオフィシャルサイトおよびメルマガで配信されたコラムをまとめたものです。
★英語に関する部分を項目ごとに抜粋しました。


<発音について>

- ぼくは海外出張に行かなくても、毎週入稿する記事で、アメリカ人やそれ以外の外国人に英語で電話インタビューすることが多い。顔も知らなければ、当然会ったこともない人と顔の表情や身振りも見えないまま、話すことになる。当然共通テーマがあるので、雑談をするわけではない。ロバート・ケーガンというネオコンの論客に電話インタビューしたときは、最初から難しい話に入る。それでも当然のことながら、簡単な質問から始めて、徐々に内容の深い質問に入っていくが、発音が、イントネーションと同様、非常に重要なことはいくら強調してもしすぎることはない。そして相手をいらいらさせないように、普通の速度で話すことも重要である。こういうときに、日本人は日本人らしい英語でいいと言っても何も始まらない。アメリカ人に近い英語であればあるほど、スムーズに事が運ぶ。

- 日本にいるアメリカ人は、日本人の発音の癖を知っている。RとLの発音が下手であるとか、イントネーションもあまりないとか、日本人はどういう発音が苦手であるとか、さまざまな知識を持っているので、何回か言うとわかってくれる。それでもアイスクリームのバニラの発音は、わかりにくいとか。マーク・ピーターセンは「痛快!コミュニケーション英語学」で、日本語のバニラと英語のvanillaの発音の差は、日本語で「各地」と「学費」くらい違って聞こえる、と書いている。

- RとLについて言えば、それほど神経質にならなくても文脈で相手はわかってくれると主張する英語の専門家(?)もいる。日本にいるアメリカ人でさえもそう主張するくらいだ。しかし、それは日本人の癖を知っているアメリカ人に言えることで、いくら文脈でわかるはずだと言っても、現実はそう甘くない。まったく通じない。特にぼくが取材する現地のアメリカ人は、今まで日本人と接触したことがない人が多いので、日本語ではRとLの発音の区別がないというだけで、ずっとその話題になり、いくら言ってもアメリカ人はその事実を受け入れようとしない。アメリカ人は文化的に閉鎖的だからである。Why?と訊かれても、ぼくは「それが日本語だから理由はない」と答える。

- 日本にある英会話学校(大体英語を話す練習をするのにこういう学校に行くこと自体が間違っている)で、自分の発音が通じたと思っても安心してはいけない。辞書に書かれている、日本式発音記号の通り発音しても通じないことがある。実際の発音と違うからである。逆にアメリカ人は日本語の発音をあっという間にマスターする。複雑な発音から単純な発音に行くわけだから、簡単であるはずだ。日本語を普通に話す、アメリカ人の友人も「日本語の発音は簡単である」といつも言う。漢字もおもしろいと言う。彼はジョージタウン大学時代に初めて日本語を勉強し、2年後には日本語の新聞を普通に読んでいた。

<英語の重要性> <真の英語力> <英語の使い分け> <危機管理の英語>
<発音について> <翻訳の功罪> <英語教育について> <英語の難しさ>
>「大野和基の英語論」TOPに戻る

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金