国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

国際ジャーナリスト大野和基の取材秘録2003-2010
   ~取材現場の裏側から英語論まで~
*本書は2003年から2010年にオフィシャルサイトおよびメルマガで配信されたコラムをまとめたものです。
★英語に関する部分を項目ごとに抜粋しました。


<英語の使い分け>

- 交渉で重要なことは、実際の取材に関してもそうだが、相手の英語のレベルに合わせることだ。相手が早口であれば、こちらも早口にするのだ。語彙 レベルも相手に合わせることが重要である。相手が教授など社会的地位の高い人は語彙レベルもぐっと上がるので、それに合わせて、ぼくも意識的に高尚な表現を駆使し、語彙も難しくする。逆に、アメリカの学生にインタビューするときは俗語を連発されるので、ぼくも俗語を使う。よく日本人は俗語を使わない方がいいと言われるが、それは間違っている。同じ言語で話されると親近感がわいて、つい錯覚して何でも吐露してしまうものである 。取材が終わってから相手がすべてを話してしまった自分に驚くこともあるほどだ。

- 相手と同じレベルの言語を使うことが、どれほどの効き目があることか、それは過去20年間アメリカ人を取材して痛感している。アメリカは社会的地位によって、使う語彙の難易度も変化するが、このことを案外知らない人が多い。日頃から難解な純文学作品を読んで表現、語彙を磨くことが重要である。いくら磨いても磨きすぎることはない。よく通訳をつければいいと単純に考える人がいるが、アメリカ人が通訳をどれほど忌み嫌っているか認識しておくべきだ。それに一旦通訳で何であれ、中間に一人入るだけで、こちらの熱意は伝わらない。それはいくら傲慢とは言え、英語が世界中でpivot language(軸になる言語)になっていることは紛れもない事実であるからだ。ジャーナリストと称する限り、英語ができて当然だとアメリカ人も他の国の人も思っている。もう一つ重要なことは「このジャーナ リストなら、インタビュアーとして大丈夫」だと安心させることである。日本人は英語が下手であるという先入観を払拭させることも重要である。

- 話は変わるが、やはり途中の壁を破るのに英語がどれほど必要か、もう一つの例を挙げる。女優の中井貴恵がボストンで極秘結婚式を挙げる情報が、日本からの電話で知らされたのは前日の午後だった。最終的にはニューハンプシャーにある、彼女の婚約者の研究室を突き止め(途中経過はすべて英語)、そこに電話を入れて、「招待されて日本から来たが、招待状をなくして明日どこに行ったらいいのか、わからない」とわざと下手な英語で言うと(もちろん通じる範囲で)、親切に時間、場所を教えてくれた。研究所を突き止めるまで2時間ほどかかったが、そのときは、相手に考えさせる余裕を与えないように、いつもの早口で英語をしゃべりまくる。まるで、大至急伝えなければならないことがあるような話し方をすれば相手は何も考えずにどんどん教えてくれるものだ。最後の電話は逆に、英語を下手にすることによって相手が親切になることが予想されるので、わざとゆっくりしゃべる。ただし、文法的に完璧な英語を話さないと、誤解されるのでそこだけはちゃんと守る。


<英語の重要性> <真の英語力> <英語の使い分け> <危機管理の英語>
<発音について> <翻訳の功罪> <英語教育について> <英語の難しさ>
>「大野和基の英語論」TOPに戻る

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金