国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2012年1月号
マイケル・ウッドフォード/Michael Woodford
独占手記
オリンパス問題の真実
マイケル・ウッドフォード(元・オリンパス社長)


菊川元会長との確執から社長解任の経緯、日本社会へのメッセージまで、渦中の人物がすべてを語り尽くす。


『ファクタ』の衝撃

いまからちょうど一年くらい前、当時オリンパスの社長であった菊川剛氏に東京に来るようにいわれましたが、その意図が私にはわかりませんでした。非常に短いミーティングでしたが、そこで菊川氏から「私は自分が思ったようにこの会社を変えることができなかった。あなたならそれができると思う。次期社長になってくれないか」という趣旨のことをいわれたのです。私は二の足を踏まず、すぐに承諾しました。

中間職よりもトップからのほうが会社を変えやすいこと、さらには自分でもこの会社の多くを変えられるだろうことがわかっていたので、即答したのです。しかし、私の妻は同じ考えではありませんでした。ホテルに戻ってイギリスの家に電話をすると、泣きながら「これまでいい人生だったわ」といわれたのです。私には十代の子供が二人いますが、ほんとうに順風満帆の人生を送ってきました。妻はまるで予言者のように先がみえたのでしょう。結局、妻は正しかった。そこにエベレストがあるからといって、登る必要はなかったわけですが、妻は私がどうしても社長をやりたいことがわかっていたので、寛大になってくれたのです。

私が次期社長に就任することが2011年2月の記者会見で公表されると、オリンパスの株価は著しく上がりました。4月2日に正式に社長に就任しましたが、その前から会社全体を変えるべく、念入りに準備を重ねてきました。オリンパス・アメリカ社も経営状況がひどかったので刷新を図り、世界中から人を集めて人材を強化したのです。

もちろん、そうはいっても日本をどうするか、ということが最優先課題でした。コスト削減のため、多くのイニシアティブを採用しましたが、それはもちろん日本社会のやり方を尊重しながらのことでした。こうした改革を私は楽しんでいましたが、それも2011年7月末までのことだったのです。






解任 サムライと愚か者 オリンパス症候群
解任
マイケル・ウッドフォード (著)
早川書房
2012/4/12
サムライと愚か者
暗闘オリンパス事件

山口義正 (著)
講談社
2012/3/29

オリンパス症候群
自壊する「日本型」株式会社

チームFACTA (著)
平凡社
2012/5/27
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金