国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

Weekly AERA 2010年2月1日号
ニコライ・モロゾフ/Nikolai Morozov
安藤美姫を復活させたモロゾフのコーチング術
選手熟知したトリック
荒川静香に金メダルを取らせ、安藤美姫にいち早く五輪代表の座を決めさせたコーチ、ニコライ・モロゾフ。必ず結果を出す彼の育成法は何が優れているのか。


フィギュアスケートの五輪代表、安藤美姫と織田信成のコーチ、ニコライ・モロゾフ(34)に取材してコーチングの本を作る企画が持ち込まれたのは2007年夏だった。本人に申し込むと即快諾。年が明けて08年1月、アメリカ・ニュージャージー州の彼の自宅で1週間毎日、何時間もインタビューした。その後、世界各地で追加取材してまとめたのが、『キス・アンド・クライ』(講談社、2月2日発売予定)という本だ。「Kiss and Cry」とは、フィギュアスケートの演技後、選手とコーチが並んで座ってスコア発表を待つ場所だ。

当初私は、フィギュアスケートのコーチは、ジャンプやスケーティングなど技術的なことを中心に教えるのだろうと思っていた。だが取材を進めるにつれ、この競技の過酷な本質がわかってきた。たったの数分で練習してきたことのすべてを出すためには、精神的なタフさや人間としての成長がいかに大切か。モロゾフはそれを選手に成し遂げさせている。彼のコーチング技法はスケート選手に限らず、マネジメントに携わる人や教師がどうしたら部下や生徒の力や才能を最大限に引き出せるかにも通じると痛感した。


五輪前にジャンプ禁止

まず彼が選手に徹底するのは、独立心と責任感を持たせることだ。どれほど優秀なコーチがついていても、銀盤ではシングルスケーターは自分しか頼れない。手取り足取り教えることは、頑強な精神の育成には逆効果。もともと「言われたことだけしかしない」性質の強い日本人は、さらにその傾向が強まる可能性もある。






ニコライ・モロゾフ特集

2010年2月2日発売
キス・アンド・クライ
ニコライ・モロゾフ (著),
大野 和基 (翻訳)

バンクーバーオリンピック・フィギュアスケート日本代表、安藤美姫選手・織田信成選手のコーチであり、また荒川静香選手を2006年トリノオリンピックの金メダリストに、安藤選手を2007年世界選手権の金メダリストにし、橋選手高橋選手に2008年の四大陸選手権で歴代最高得点を出させた「優勝請負人」と呼ばれる名コーチ、ニコライ・モロゾフ初の著書です。本書は、著者のコーチング理論と、荒川、安藤、高橋の3選手を中心に日本人フィギュアスケーターたちの苦闘する姿を、内側から生々しく語ったものです。3選手とも不調のどん底から銀盤に舞い戻ってきたのですが、その間、モロゾフコーチからどんな試練を与えられ、それをどのように乗り越えて頂点に立ったか? 著者にしか語れない涙と感動のエピソードがいっぱいで、つねに選手のもっとも近くにいるコーチの目を通してはじめて、ここまでフィギュアスケーターたちの揺れる胸の内に肉薄できました。ショートとフリー合わせてわずか6分余りの演技のために365日を厳しいトレーニングに捧げなければならないフィギュアスケートという過酷な競技を通じて、人間が成長することの素晴らしさを心の底から実感させてくれます。
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金