国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2011年1月号
根岸英一(パーデュー大学特別教授)
日本の若者に、競争を与えよ


根岸英一教授
2010年、ノーベル化学賞を受賞された根岸氏。
現在、実社会にとって不可欠な「根岸カップリング」は、どのような契機で生まれたのか。長年アメリカで暮らしているからこそ、いまの日本をどう思い、何を直言するのか。どこよりも詳しく、その肉声をお届けする。

毎年、ノーベル賞の発表時期になると「今年こそは」と思う人がいるものだ。2008年にノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎氏は、それがもっとも長かっただろう。早朝に電話がかかってきたときは、いたずらだと思ったという。

2010年のノーベル化学賞受賞者である根岸英一氏も、10年以上前からノーベル賞をとる夢をみていた、と述べる。スウェーデン訛りのある英語で選考委員の人が順々に代わって祝辞を述べていく。「3人目の人が私の知っている人で、声を聞いてすぐにわかりました。彼がいうのなら、これはホンモノだと思いました」、そう顔をほころばせた。

パラジウムを触媒に使用して、結合しにくい有機化合物を結びつけ、新しい化合物をつくりだす「根岸カップリング」はいま、製薬開発などさまざまな分野に応用されている。根岸氏の研究へのモチベーションはどこにあるのか。いまの日本をどうご覧になっているのか。来日直前のシカゴで、2時間にわたって話を聞いた。






英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金