国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊朝日 2006年11月3日号
「美談」ではすまない代理出産ビジネスの実態
向井亜紀の代理母が語った「報酬」と「自己破産」


タレントの向井亜紀さんの代理出産を巡る訴訟は、最高裁に舞台を移した。がんのため子宮を失い、代理母に依頼して待望の子どもを授かった向井さんの“美談”の一方、国内で、子宮を失った娘のため母親が代理出産したことも明らかになった。しかし、この二つの例には、根本的な違いがあるのだ。



10月10日夜、夫でプロレスラーの高田延彦さん(44)とともに会見に臨んだ向井亜紀さん(41)は、「いろいろな代理母の問題点を論じてほしい」と話した。

2003年に代理母出産で生まれた向井さん夫妻の子どもの出生届を品川区が受理せず、夫妻は訴訟を提起した。今年9月、東京高裁が出生届の受理を区に命令したが、法務省は「社会に与える影響が大きい」と区に指示して、区は10月10日、最高裁に抗告を申し立てた。このため夫妻が会見をしたのだ。向井さんは、「代理出産をあえてオープンにした場合、日本の司法がどう答えてくれるか知りたくて裁判を起こした」と問題提起の姿勢を強調した。

向井さんの行動によって、代理出産に追い風が吹いている。品川区には、「受理すべきだ」という意見が多く寄せられているという。また、柳沢伯夫厚生労働相が代理出産について「政府全体で検討が必要」と発言するなど、国会周辺の雰囲気も変わってきたようだ。

代理出産にはさまざまな形態があるが、向井さん夫妻の場合、生物学的に夫妻の子どもであることがはっきりと言える。

これが可能になったのは、体外受精をした受精卵を子宮に着床させる技術が確立したからだ。この技術が確立する前は、精子を子宮に注入し、代理母の卵子と結合させる人工授精をしていたので、遺伝的には、生まれてくる赤ちゃんの半分は代理母のものだった。

日本の民法は体外受精という生殖医療技術の進歩を想定していない時代に編成され、法務省も「母とは、子の分娩者」という見解を見直さないままきた。それが、このような問題を生んでいる面もある。

向井さんは00年、妊娠中に子宮がんが判明、子宮を全摘出し、妊娠を断念せざるを得なかった。だが、「どうしても高田の子に逢いたい」と、医師の助言に逆らって卵巣を残し、代理出産を目指して渡米。 2度の失敗を乗り越え、3度目のトライで、米・ネバダ州のシンデイ・ヴァンリードさんを代理母にして妊娠が実現。03年11月に双子を授かった。

04年1月に放送されたドキュメンタリー番組「逢いたかったわが子よ~向井亜紀、代理母と歩んだ1227日の全記録~」(フジテレビ系)は、がん再発の恐怖や体調不良に悩まされながら、体外受精や代理母の胎内着床に挑み続ける向井さんと高田さんの3年間を追ったものだった。

番組でシンディさんは、「私が代理母を引き受けたのは、アキのように子どもが産めないことはとても悲しいことに思えるから。体がちょっとつらいときもあるけれど、幸せになる手伝いをしていると思うと、私も幸せになるわ」と言い、彼女の夫も、「そんな大げさなことだとは思っていないよ。人助けをしているわけだし」と笑顔で話した。

いよいよ出産のとき、予定より早い緊急入院に向井さん夫妻は急遽渡米して病院に駆けつけた。向井さんは帝王切開手術に立ち会い、シンディさんに頬をすり寄せ、痛みが少しでも少ないように祈り続けた。無事に双子の男の子が生まれ、向井さん夫妻がいとおしむ姿を映し出すラストシーンは、感動的だ。

ただし、この番組では触れられなかったことがある。







<特集サイト>
特集 代理出産・代理母

会いたかった 代理出産
会いたかった
―代理母出産という選択

向井亜紀 (著)
幻冬舎(2004/01)
代理出産
―生殖ビジネスと命の尊厳

大野和基 (著)
集英社(2009/5/15)
<関連記事>
週刊女性セブン 2004年2月5日号
独占告白 注目の出産の一部始終を語った!
向井亜紀の代理母
「私が事前に受けた筆記テスト500問の中身と報酬。そして双子の減胎を申し出た時」
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金