国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

文藝春秋 1992年2月号
MBA留学はもう要らない
MBA資格をあリがたがる時代はもう過ぎた


MBA-Master of Business Administration(経営学修士)。この学位を取ると、一昔前のアメリカなら最初から確実に高給が保証されていたものである。しかし最近では、有資格者が多すぎて、就職口が見つからないこともあるほどだ。

MBAはどの大学で取得するかによって、内容がかなり違う。トップクラスだといわれているビジネス・スクールを卒業しても、会計学、財政学、マーケティングについて、事実上ほとんど何も知らぬままに終ることもありうる。MD(Medical Doctor 医学博士)のように、どの医学部に行ってもほとんどカリキュラムが変らないのと対照的なのだ。ハーバード・ビジネス・スクールの内幕を暴露した "The Empire Builders" の著者ジェフリー・ポール・マークは、「ウォール・ストリート・ジャーナル」(1990年9月27日)で、「今日のビジネス・スクールは1909年の医学部と同じ状況である」と断言している。当時の医学部はカリキュラムがまったく統一されていなかった。

この、どれほどの価値があるかわからないMBAをありがたがって、日本の企業はかなり前からアメリカの有名ピジネス・スクールに社員を派遣してきた。とくにここ数年は猫も杓子もといった感じが否めない。すでに1987年5月31日付「ワシントン・ポスト」紙は "Japanese Rush to garner MBA" と題してこの問題を大きく取りあげ、副題に "They Seek to Entree to an Exclusive Club, Not the Degree Itself." -日本人はブランド登録を求めているのであって、学位そのものを求めているわけではないと、かなりの皮肉をこめて書いている。記事の中には企業からの派遣生が急増した理由の一つとして、円高があげられているが、流行している一種の日本式「投資」としてとらえられているようだ。






英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金