国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊VOICE 2012年2月号
ポール・クルーグマン/Paul R. Krugman
崩れゆく世界、独り勝ちの日本
世界中の銀行が凍結する日
「課題先進国」日本がいま、発信すべきメッセージとは何か?
ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)


緊縮政策は事態を悪化させるだけ

- 昨年、『日本経済新聞』とのインタビューで、「世界経済は50%の確率でリセッションに陥る」と発言されました。

クルーグマン いつのインタビューか覚えていませんが(笑)、アメリカは私が思ったよりも、持ちこたえているようです。一方、ヨーロッパのリセッションは完全にLocked in(嵌った状態)されている。アメリカや日本にしても、いまの状態から抜け出せるかは疑問です。全体的にみると、いまの状況はかつてに比べて、悪化しているようにみえます。

- ドイツのメルケル首相が「欧州安定メカニズム(ESM)について上限引き上げの考えはない」と発言しました。ユーロ危機はさらに際どい状況に入るのか、あるいはユーロ安を志向する「あえて」の発言とみるべきですか。

クルーグマン それはほとんど重要ではありません。たとえ上限を引き上げても、ECB(欧州中央銀行)がたくさんの国債を買おうとしないかぎり、機能しないからです。問題は、ECBが何をするか。ESMを一つのメカニズムとして使う、つまりESMを通してECBの資金を調達することができたかもしれません。重要なのはメカニズムの詳細ではなく、ECBそのものです。メルケル首相ではなく、ECB総裁を務めるマリオ・ドラギのほうが大事、ということです。

- ヨーロッパについては昨年9月の『ニューヨークタイムズ』で、「ヨーロッパの状況はかなり恐ろしいことになっている。ユーロ経済圏の三分の一にあたる国が、投機的な攻撃を受けていて、この単一国家の存立が揺らいでいる。ユーロの崩壊は、世界中に広く損害を及ぼしかねない」と悲観論を述べられました。

クルーグマン ユーロ圏の国で、資本の流れが少しでも少なくなっている国は、デフレを強いられることになります。それを相殺する、経済を拡大する誘因になるものが、いまはまったくありません。この状況を解決するために何が必要か、それについて、ヨーロッパの首脳はあまり思慮深くありません。彼らは緊縮政策がすべてを解決する、と主張しつづけていますが、それは事態を悪化させるだけです。







ポール・クルーグマン インタビュー集
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金