国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2010年7月号
ポール・クルーグマン/Paul R. Krugman
瀬戸際の鳩山政権、知日派からの警告
経済政策では素人ぶりをさらけ出し、普天間基地移設では現行案に逆戻り・・・・。
この体たらくを海外の目はどう捉えたか。
理念なき政治を"日本通"が一刀両断する!
「インフレ目標4.0%」のすすめ
ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)


内閣府が5月20日に発表した1-3月期のGDP速報値によれば、2010年度の実質GDPは前年度比2.2%増になる見通しだが、国民の生活は一向に楽になりそうにない。日本経済だけが光がみえないのか、世界中が似たような状況なのか。はたして日本はいま何をすべきか。2008年にノーペル経済学賞を受賞し、日本経済についても数多くの提言を行なってきたプリンストン大学のポール・クルーグマン氏を直撃した。



日本がまだ生き延びている不思議

- 鳩山政権は過去最高の92兆円にのぼる予算を成立させました。いまだ不安定な国際経済下、ある程度の財政出動は仕方ないのかもしれませんが、一方で各国のソブリン・リスクが懸念を集めています。目下、ギリシアの財政状況が問題視されていますか、ギリシアには何が起こったのでしょうか。

クルーグマン まず、ギリシアの長い歴史のなかで、貿易赤字か常態化していることを認識しなければなりません。今回このような状態になっても、とくに驚くには値しないでしょう。

おそらくギリシアはユーロゾーンに入ったことで、もはやわれわれは安全地帯にいる、と高を括ったのではないでしょうか。事実、東欧バブルの際には多額のお金が流入しました。しかし昔から予算をコントロールすることに問題があるという構造は変わらなかったので、ますます借金が膨れ上がった。その後、世界経済かリセッションになり、借金もさらに増えてしまった、というわけです。

しかしそこで彼らは、もう自国の通貨ドラクマをもっていないので、通貨の切り下げをすることもできない。つまり今回のケースは2001年のアルゼンチン危機に類似している、といえるでしょう。アルゼンチン危機のときもペソが過大評価され、為替レートは固定されていました。借金のレベルでいえば、ギリシアのほうがアルゼンチンよりもはるかにひどい。過去の政治的対立によって生まれた傷も深く、団結した行動をとるのが難しい状況です。

つまるところ、今回のような状態が生じたことはとくに深いミステリーではありません。むしろ昨年10月までまだ債券市場が、「ギリシア国債は安全」と考えていたことのほうが、私にいわせればミステリーです。






ポール・クルーグマン インタビュー集
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金