国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2009年2月号
ポール・クルーグマン/Paul R. Krugman
特別企画 「オバマの米国」は立ち直るか
オバマノミクスに期待する
いまこそ日本の「失われた10年」に学べ


クルーグマン教授 2008年度のノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のポール・クルーグマン教授は、専門領域だけではなく、『ニューヨーク・タィムズ』の舌鋒鋭きコラムニストとして、功成り名を遂げた論客である。

ブッシュ政権を批判しつづけたクルーグマン氏だが、次期大統領に就任するオバマについては「クールで思慮深く、冷静で、頭脳も明晰」という。

リーマン・ブラザーズを破綻させたのは大失策、と語る氏は、総額91兆円ともいわれるオバマノミクスをどう評価しているのか。大減速するアメリカ経済、そして世界経済の行方について、今世紀を代表する経済学者はいま、どのような視点をもっているのだろうか。ストックホルムでノーベル賞授賞式に出席され、帰国したばかりのクルーグマン氏に会うために渡米し、マンハッタンの自宅で独占インタビューを行なった。


ビッグ・スリーは生き残れない

- 昨年12月19日、アメリカ政府は自動車大手3社(ビッグ・スリー)のGMとクライスラーに対し、174億ドル(約1兆5400億円)の緊急融資を発表しました。同じく12月7日、ノーベル賞授賞式出席のために訪れたストックホルムで、アメリカの自動車産業は「消滅する可能性がある」といわれましたね。

クルーグマン アメリカ産業の歴史的、地理的なバターンはデトロイトに固まっていますが、長い目でみれば生き残れない、という意味です。しかし少なくとも何を救済できるかを見極められるまで、融資は行なったほうがよい。

- 自動車産業をはじめ、これからアメリカの基幹産業はどうなるでしょうか。

クルーグマン あらゆるものが落ち込んで縮小しています。とくに自動車産業は急速に縮んでいる。これからアメリカは輸出を増やして輪入を滅らすでしょうから将来的にどうなるかわかりませんが、ビッグ・スリーのお膝元であるデトロイトではなく、重力の中心は現在とは異なる産業になるでしょう。アメリカ南部に基点を置く日本やヨーロッバの企業が活躍すると思います。

- 具体的には何が経済の牽引役になりますか。

クルーグマン 自動車に関していえば、こんなクルマに乗りたい、と誰もが思うようなものが必要とされるでしょう。ドルか弱くなっていることが助けになると思います。将来的にみれば、ドル安はそれほど痛手ではありません。






ポール・クルーグマン インタビュー集
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金