国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2011年10月号
ジム・ロジャーズ/Jim Rogers
軋む中国
“伝説の投資家”が中国経済の未来を徹底予測!
バブル経済のソフト・ランディングはありえない


けっして信用バブルではない

- 去年4月、中国政府が不動産投機抑制策を打ち出して以来、中国の不動産市場は急速に冷え込んでいます。不動産バブルの崩壊は近いとの指摘もありますが。

ロジャーズ 沿岸部の都市で起きている不動産バブル対策として、たしかに中国政府は何らかの手を打とうとしています。そのため、実際に不動産の価格は下落傾向にあるし、取引も減少している。中国政府はソフト・ランディングを試みているのでしょう。しかし問題なのは、かつていかなる国もそのソフト・ランディングに成功したことはない、ということです。どの国の政府も、それほど賢くはなかった。今後、上海やその他の不動産バブルが起きている都市で、破産に見舞われる人が出てくるでしょう。

しかし、今後予想される中国経済の危機は、アメリカのそれと比べると、本質的に異なります。サブプライム危機(2008年)以前のアメリカでは、頭金なしでも、たとえ無職でも家を買うことができた。それも、4軒も5軒もです。投資銀行はサブプライムなど多くのモーゲージ(不動産を担保にした貸付)で楽に儲けようとし、どんどんレバレッジをかけていった。その結果、史上最悪ともいえる信用バブルが起きてしまったのです。

一方、中国ではアメリカと違って、無職で家を何軒も買うようなことはできませんでした。いま中国で起きていることは、けっして信用バブルではありません。たんに不動産価格が高騰しすぎただけです。

- しかし、不動産価格の急落によって地方債務が不良債権化し、金融システムを破壊するとの警告が内外から発せられています。

ロジャーズ 繰り返しますが、中国の経済システムそのものが破綻するとは思えません。2008年に金融危機が生じた際は、すでにアメリカは世界最大の債務国であったというだけでなく、史上最大の債務国でした。しかしいま中国は世界最大の債権国です。むろん、不動産バブルの崩壊で痛い目に遭う個人は出てくるでしょうが、不良債権は国全体に広がっているわけではありません。アメリカやイギリス、またはスペインやアイルランドで起きたように、国の経済システムを危うくさせるような事態には陥らないでしょう。






ジム・ロジャーズ インタビュー集
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金