国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2010年3月号
ジム・ロジャーズ/Jim Rogers
アジアに富が集中する時代
保護政策を撤廃しなければ、日本だけが衰退する


借金で膨れ上がるアメリカ

2008年9月15日のリーマン・ショック後、世界経済は大混乱に陥りましたが、その後の一年で世界の株価は26%も上昇し、コモディティ(商品)価格も右肩上がりになっています。このような事実をみると、世界経済は回復しているように思えるでしょう。

実際のところ、たしかに回復を始めているところもありますが、その前にそもそも、それほど大きな打撃を受けていなかったセクターがあった、ということを知っておくべきです。具体的には農業や水処理産業はそのような問題があったかどうかすら、もはやわからないほどです。しかし、自動車産業や住宅産業、保険、銀行などの金融業はいまだ不況の真っただ中にある、そういってよいでしょう。

経済が急速に悪化したとき、世界中の政府は財政を出動し巨額の税金を使いましたから、一部でもその恩恵を被ったような人は、暮らし向きがよくなったと感じているはずです。しかし残念ながら、お金はマジックで作り出せるものではありません。政府が借りてくるか、印刷するか、税金を使うか、そのいずれかの方法で調達しなければならないのです。

多くの人の目にはいま、アメリカ経済が好調であるように映るでしょう。しかし私にはそうは見えません。アメリカはこの2年間で借金を何百パーセントも増やしてきました。そのお金を受け取った人たちにとっては、一時的には景気かよくなったかもし.れません。しかし、アメリカという国家は、ますます借金で膨れ上がっているのです。表面的に好調に見えるのは、パンドエイドを貼って取り繕っているだけです。あるいは、がん患者にモルヒネを打って沈静化させているようなものです。一日、二日は具合がよくなったと感じても、体の中はどんどん悪化しつづけています。それがいま、アメリカという国のなかで起こっている現象です。

次に問題が起きたとき、それが2010年の終わりか、あるいは2011年、2012年のいずれになるかはわかりませんが、事態はいっそう悪化することは間違いないでしょう。


コモディティこそ最適な投資先

そのような世界では、何が起きようともコモディティとその生産者が最もいい状態に位置するようになります。仮に世界経済が回復した場合、世界的に物不足が生じますから、コモディティか最適な投資先となります。一方、世界経済がよくならない場合も、コモディティが最適な投資先になるの.です。






ジム・ロジャーズ インタビュー集
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金