国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2009年8月号
ジム・ロジャーズ/Jim Rogers
V字回復へ
中国・進化する管理経済
素早い政策決定がもたらした消費ブーム


なぜ上海総合指数は上昇しているか

- 2008年に08年最高値となる1706.703をつけた上海総合指数は09年6月10日、10ヶ月ぶりの高値となる2816.247まで上昇し、そのあいだの上昇率は65%にも達しました。

ロジャーズ 株価が下がるとファンダメンタルズがどのような状況であれ、必ずリバウンドが起こります。中国政府は万一のき(rainy day)に備えて貯蓄をしてきましたか、その万一のときがやって来たのです(now it is raining)。膨大な貯蓄を公共事業を通じ、株価上昇のために使っています。

つまり、中国政府がしっかり貯蓄をしてきたこと、危機のいま、それを賢く使っていること、二つの要索が中国市場を上昇させているのです。

2007年から中国株は60~70%下落しましたが、アメリカでも日本でも、同じような現象か起きました。そこからリバウンドが起こっているわけですが、しかし世界がパニック状態に陥った昨年のリーマン・ショック以来、私は中国株を買っていません。中国はいま、世界でもっとも大幅な上げ相場の一つですが、急に上がったものに飛びついたりはしないのです。

これからさらに株価が反発して上がっても、それに対して私は懐疑的です。しかしもちろん、いまもっている中国株を売ることは考えていませんし、大きく下がれば買い増しを行なうでしょう。

そして何より、中国の産業株は魅力的です。歴史的にみれば、経済にどのような事が起きようとも、必ず最後に産業株は伸びる。とくに水処理産業と農業の将来は明るいでしょう。農業に対してはほんとうに強気です。商品(commodities)はファンダメンタルズが好転している、世界中で唯一のセクターです。

私の場合、株が下がっても商品で儲けることができます。世の中の投資家は新興国株こそ儲けどころだと思っているようですが、私は一、二年前、中国以外の新興国株をすべて売り払ってしまいました。台湾株は少し買い戻しを行ないましたが。

- それではあなたがいま、実際に買っているものは何ですか。

ロジャーズ スイス・フランと円です。キャリートレードでやられた(beaten down)からで、いつかは元に戻るからです。さらには米国債を空売りしています。やがてアメリカはインフレになり、さらに国債残高が増えていくと考えているからです。

- 中国株は有望、といわれましたが、ディスクロージャー(情報開示)の透明性という部分でいえば、まだまだ十分ではない点があるのではないでしょうか。

ロジャーズ それはアメリカ企業のことをいっているのですか(笑)。破綻したベアー・スタ一ンズやリーマン・ブラザーズのことをお忘れですか?

歴史的にみても、透明性の問題はどの国の企業にも存在しています。そこではただ、慎重に分析を行なうしかありません。しかし、もしそこで自分がいったいどの企業の株を買っていいのか分からなければ、商品を買ったり、インデックス投資を行なったり、通貨を買えばよい。特定の企業の株を買うことを避ける方法はいくつもあるのです。






ジム・ロジャーズ インタビュー集
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金