国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

月刊Voice 2012年10月号
イアン・ブレマー/Ian Bremmer
「Gゼロ」後の世界、激変する極東情勢
日本は「対米追従」以外の外交コンセプトを描けるか

イアン・ブレマー(ユーラシア・グループ代表)


イアン・ブレマー氏はアメリカの政治学者。名門スタンフォード大学で博士号(旧・ソ連研究)を取得し、フーバー研究所のナショナル・フェローに史上最年少の25歳で就任。1997年からワールド・ポリシー研究所の上級研究員を務め、2007年には世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」に選出された。

28歳で調査研究・コンサルティング会社ユーラシア・グループをニューヨークに設立。グローバルな政治リスク分析を行ないながら、各国の政府首脳にも助言を行なってきた。ユーラシア・グループが年初に発表する「世界十大リスク」は、非常に有名だ。

2012年のトップリスクとして、ユーラシア・グループは「リーダー不在の時代」を意味する「Gゼロ」を掲げた。アメリカ主導の体制が終わったいま、これから世界はどう動くのか。『「Gゼロ」後の世界」-主導国なき時代の勝者はだれか』(日本経済新聞出版社)が日本で刊行されたばかりのブレマー氏に、対立の激化する東アジア地域を含めた国際情勢の見通しを聞いた。


G2に入りたくない中国

- 『「Gゼロ」後の世界』でも詳細に論じられていますが、ブレマー氏率いるユーラシア・グループは2012年のトップリスクに「Gゼロ」を打ち出しました。そもそも「Gゼロ」とは何でしょうか。

プレマー 1976年にカナダが加わった第二回先進国首脳会議が開催され、そこからサミットはG7となりました。日本、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダです。その後ロシアが参加するようになり、97年からG8になった。G8は世界有数の経済大国で、世界経済を前進させる原動力となってきました。そのなかでもアメリカにリーダーシップがあることは、明らかでした。







>>Eurasia Group


「Gゼロ」後の世界 自由市場の終焉
「Gゼロ」後の世界
―主導国なき時代の勝者はだれか

イアン・ブレマー (著)、 北沢格 (翻訳)
日本経済新聞出版社
2012/6/23
自由市場の終焉
―国家資本主義とどう闘うか

イアン・ブレマー (著)、 有賀裕子 (翻訳)
日本経済新聞出版社
2011/5/25


英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金