国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊ポスト 2004年10月8日号
「英語のたくらみ、フランス語のたわむれ」
日本語を軽視して実用英語を重視する「現実主義」の空疎さを暴く


本書は、日ごろ研究室は近くても廊下ですれ違うだけだった、英語とフランス語の2人の東大助教授の対談が基になっている。テーマは、「外国語の学び方」「語学はコミュニケーション?教養?」「翻訳家という仕事」「文学は何の役に立つのか」など、興味を引くものばかりで、内容も頗る濃い。世に出ている英語学習書のレベルの低さは今さらいうまでもないが、この2人の対談からは、語学というものがいかに奥深いものであるかが伝わってくる。

ある理系の教授が、自身の英語力を誇示し、学生には実用的な英語教育をやればいいと主張するのに対し、「普段自分が使っている、理系の論文を書くときの英語が彼にとっての英語であって(中略)その英語たるや、将棋でいうとちょうど初段くらいなんです。要するに(中略)自分が世界で一番強いと思っているくらいのレベルの英語ですね」と一蹴。また多くの企業でTOEICやTOEFLが出世の条件とされているが、「僕の周りでTOEIC満点という人を何人も知ってるけど、そのままでは使いものにならないもの。彼らはTOEIC満点なんていうのがどんなレベルなのかわからないんですね」と本音を語る。






<著者紹介> 斎藤兆史(さいとうよしふみ) 1958年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科助教授。専門は英学。他の著書に「英語の作法」など。 野崎歓(のざきかん) 1959年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科助教授。専門はフランス文学・映画論。他の著書に「ジャン・ルノワール 越境する映画」など。


英語のたくらみ、フランス語のたわむれ 英語のたくらみ、フランス語のたわむれ
斎藤兆史 (著)、野崎歓 (著)
東京大学出版会
2004/07
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金