国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

Weekly AERA 2011年11月14日号
米国で増える日本人の卵子提供
私の卵は6500ドル


第三者による卵子提供が事実上受けられない日本。そのため不妊の夫婦は海外へ渡る。
その増加と比例して、卵子を「売る」日本人女性が現れ始めた。


ビューラス医師
卵子を凍結するときに使う液体窒素の横に立つビューラス医師。受精卵凍結には一気に凍結するガラス化保存法を使うことが多い。
カリフォルニア州はアメリカの中で生殖医療がもっとも盛況な州だろう。UCLAの大学新聞デイリー・ブルーインには「Wanted : Egg Donor $8000+, Caucasian, brown eyed…at least 5'33". 19~30 yrs old(卵子提供者募集、8千ドル〜、白人、茶色の目……、身長160センチ以上、19~30歳)と高額のオファーが出ている。

ここ数年目立つのは、日本人に限定した卵子提供者の募集だ。ロサンゼルスやサンフランシスコの日系新聞には、必ず卵子提供者募集の広告が出ている。謝礼は1回6千~7千ドル(約46万~54万円)と魅力的な額だ。

卵子提供には2パターンがある。一つは親族や友人のための、提供者がはっきりとわかっているケース。基本的に無償の場合が多い。もう一つはエージェントが仲介するケース。匿名での提供が原則で、生まれてきた子どもが遺伝的につながった母親に将来会いたいと思っても会うことはできない。

今年1月、衆院議員の野田聖子さんがアメリカ人の卵子提供により出産し、話題になった。仲介したのは、サンフランシスコのエージェンシーだ。


日本から問い合わせ増

西海岸には日本人専門の卵子提供エージェンシーがいくつかある。そのひとつがロサンゼルス近郊の「ミラクルベビー」だ。






英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金


代理出産 生殖ビジネスと命の尊厳
[Kindle版]
大野和基 (著)

代理出産―生殖ビジネスと命の尊厳
(集英社新書 492B)
大野 和基 (著)