国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊現代 2011年4月30日号
エドウィン・ライマン/Edwin Lyman
プルサーマルの闇
福島第一原発3号機を世界は固唾をのんで見守っている


事故発生から約1ヶ月。地球規模の被害を出し、いまだに制御不能状態が続く福島第一原子力発電所。アメリカの物理学者が、迫りつつある本当の危機を解説する。



発がんリスクを増大させるプルサーマル

今回、福島第一原発で起きている事故が、原発の歴史に降りかかった重大な危機の一つであることは疑問の余地がない。

私がもっとも危倶しているのは、MOX燃料(Mixed Oxide=ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料)を使用している3号機からプルトニウムが漏れだすことである。MOX燃料とは、原発で使用した後の核燃料(使用済み核燃料)から再処理によってプルトニウムを取り出し、ウランと混ぜて作り出された燃料のことで、形状を加工すると、軽水炉でウラン燃料の代替燃料として利用できる(※日本では、この利用法を和製英語で「プルサーマル」と呼称している)。

これは一見、核燃料の効率的なリサイクルであり、エネルギー資源の有効活用といった観点からも優れているように思われるかもしれない。だが、それは違う。プルトニウムをより多く含むMOX燃料が重大事故を引き起こした場合のリスクは、計り知れないものがあるからだ。

アメリカの物理学者、エドウィン・ライマン博士は長年にわたりMOX燃料の危険性を指摘してきた人物として、世界的に知られる。日本の原発事情についても詳しく、2006年には青森県知事宛てに六ヶ所再処理工場の運転に反対する書簡を送ったこともある。そのライマン博士が福島第一原発3号機をめぐる危機と、日本が推進するプルサーマル計画への危倶を語った。

プルトニウムが恐ろしい放射性物質であると言われるのは、原子炉で生成される核分裂生成物の中でも放射性毒性がとりわけ強く、吸入した場合、1gあたりの発がん率が突出して高くなるからだ。

プルトニウムは放射性崩壊によってアルファ線を放出するのだが、アルファ粒子が吸引などによって体内に入ると、人体に非常な害を与える。そして特に、肺に蓄積されると強い発がん性を示すのだ。







エドウィン・ライマン Edwin Lyman
1964年生まれ。物理学者。コーネル大卒。核管理研究所(NCI)の元所長で、現在は「憂慮する科学者同盟」(UCS)の世界安全保障プログラム部門に上級スタッフとして名を連ねている。アメリカではMOX燃料やプルサーマルの危険性を最前線で訴え続けている学者として知られており、2001年には「MOXはがんを30%増加させる」とする論文を発表している

英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金