国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊女性セブン 1991年7月18日号
あなたの子供、私が生んであげます。
代理母 ~アメリカ人の代理母から日本人夫婦のこどもが誕生
- 報酬1万ドルで他人の赤ちゃんを産む『出産代理業』。不妊で悩む人のために、また、夫婦の都合で生みたくない人のために、彼女たちは・・・。


日本人夫婦の卵子と精子でアメリカ人の母から日本人の子供が

昨年の8月中旬、ロサンゼルズの少し南の町、サンタ・アナに住むアンナ・ジョンソンは、おなかにいる胎児の、しかし、遺伝的には自分とまったくつながっていない胎児の保護権を勝ち取るために、裁判所に訴訟を起こした。被告は、キャルバート夫妻。手術で子宮をなくした妻・グリビーナは夫のマークと相談して、自分たちの精子と卵子を使って体外受精を行い、それをアンナ・ジョンソンのおなかにいれ、子供を授かろうとした.のだ。

アンナは、いわゆる『代理母』だった。彼女は、子供を生んだ暁には、遺伝的に親であるキャルバート夫妻に赤ちゃんを引き渡し、1万ドルの謝礼を受け取る『契約』をしていた。しかし、出産の1か月前になって、子供を引き渡したくないと訴訟を起こしたわけだ。アンナは、9月13日に元気な男の子を生み、マシューと名付けた。そして、醜い争いは始まった。

ひと音前、代理母といえば、出産を望む夫婦の夫の精子を代理母の体内に入れ、その卵子と結び付けるのが、あたりまえの方法だった。しかし、最近は、体外受精の技術が発達したために、受胎専門の代理母(gestational surrogate mother)も出てきている。アンナ・ジョンソンの場合がそれだ。とくに、ここ数年、アメリカまで行って代理母に出産を依頼する日本人の夫帰は、例外なくこの『受胎専門の代理母』と契約を結んでいる。

不妊の原因を医学的に的確に追求することは難しい。手術で子宮を摘出した、妊娠すると母体に危険を及ぼす、子宮の形状に異常があるなど、原因がはっきりしている場合もあるが、説明のつかない不妊も30パーセントにのぼる。また、男性側に原因がある場合も少なくない。

アメリカでは、一般に、1年間妊娠のための努力を続けて妊娠できなかった場合、『不妊』と診断される。原因追求以前に、そう診断される。そういう診断書が二通あれば、代理母斡旋業者に駆け込む資格はある。もし、原困を追求して、たとえば輸卵管の手術で治る可能性があったとしても、手術をするか、代理母に頼るかは、本人たちの意思しだいである。誰も手術を強制することはできない。






特集 代理出産・代理母

代理出産 2009年5月15日発売!
『代理出産 生殖ビジネスと命の尊厳』
大野和基・著 定価:735円(税込)

搾取か?福音か?
子どもをもつ最後の手段が「代理出産」だとしたら──
不妊に悩む夫婦にとって「福音」といわれる生殖補助医療、代理出産。しかし、代理母の精神的・肉体的負担、貧困層のブリーダー階級化、親子関係の定義づけの難しさなど、現実はシビアな問題が山積みだ。日本でも法整備を進める動きがあるが、代理出産をめぐる議論はまだまだ不十分。このテーマを長年、追いかけてきた著者が複雑な代理出産の問題の核心に迫る!
英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金