国際ジャーナリスト 大野和基
著書・訳書

週刊現代 2011年4月16日号
デール・ブライデンボー/Dale Bridenbaugh
設計者が明かす「福島第一原発は欠陥品です」
独占インタビュー
「これを造ったことを後悔している」
事故を起こした原子炉を設計した男が語った福島第一原発の「危険性」の原点


原発を止めるべきだという私の意見は無視された

3月11日の朝8時ごろ、近所に住む友人から私の携帯に電話があった。
「避難したか」
彼は心配そうにたずねてきた。

日本で起きた大地震の影響で、私の暮らすカリフォルニア州北部の海辺の街アプトスにも間もなく津波が来るというのだ。私の家は、海の近くにあるが、幸い高台に位置しているので、「大丈夫だ」と答え、念のためにテレビをつけてみた。すると福島第一原発が映っている。私の設計したあの原子炉で異常事態が起きていたのだ。

私は、サウス・ダコタ工科大学を卒業後、カリフォルニア州の原子力エンジニアの資格をとって、GE(電器から軍事製品まで製造している世界最大のコングロマリット=複合企業ゼネラル・エレクトリック)に入社した。1953年のことだ。やがて核エネルギー部門に異動して、沸騰水型軽水炉を開発することになった。ここで福島第一原発の1号機から5号機で使われている「MarkⅠ」という原子炉を設計することになる。
ブラインデンボー

残念ながらこの原子炉には、大きな弱点があった。そのことがわかったのは、1974年~1975年、MarkⅠの後継にあたる原子炉「MarkⅡ」を開発する過程でのことだ。新機種のテスト中に、いままで私たちが考えていたより、原子炉格納容器にずっと大きな負荷がかかることがあると判明したのである。その結果、当時開発していた新型原子炉はそのレベルの圧力を想定した設計にしなければならないという結論が導かれた。ただここで問題となったのは、これから造る原発のことだけではなかった。いやむしろ過去に造った原発、すでに稼働中のMarkⅠの安全性こそが問われたのだ。






英語を駆使し、世界のVIPや渦中の人物の懐に飛び込み、ナマの情報を得る極秘テクニックを大公開!
スパイ並の情報収集の技法、アポの取り方、キーワードを引き出す話術、そして最も大事な相手との信頼感の構築法などを伝授。常にライバル社との情報戦を繰り広げるビジネスマンから、将来世界を舞台に活躍したい学生まで、必読・必修のコンテンツが満載。教材は最新の取材映像・音声を利用しますので、リアルな英語力も身につきます!
料金